興信所の調査の種類について


調査の種類と興信所で得る物も違い

興信所と一言で言っても、おこなっている調査業務はいくつかの種類があります。
代表的なものでは、浮気調査(行動調査)、素行調査、人探し、企業信用調査などがあります。

特に依頼件数でダントツに多いのが、浮気調査です。
浮気調査で依頼人が得るものは、離婚をするために必要な浮気の証拠。そして離婚裁判になった場合に、依頼人を有利にする裁判で利用可能な証拠を集めるための調査として依頼することが出来ます。

次に多い依頼の種類が人探しです。
人探しも、様々な人間関係から探す依頼人が多く、例えば、生別れの肉親を探して欲しいといった依頼人から、初恋の人を探して欲しいといった依頼人まで様々です。
しかし、ここで注意しなくてはならなのが、人探しや行動調査などの知りえた情報を、犯罪に利用されるかもしれない可能性です。

最近では、ストーカーが付き纏っていた女性の住所を調べるための探偵へ依頼をして調べてもらい、事件に発展したケースも度々耳にします。
興信所が集めた情報をもとに、犯罪を犯してしまう依頼者もおり、全国の探偵事務所、興信所では探偵業法で定められている契約書の作成から、依頼者に対しての慎重な面談などで対処はしていますが、それでも見破ることが出来ない場合に悲惨な事件へ発展してしまう可能性があるのです。

そんな事件を防ぐためにも、興信所で働く探偵や調査員は人を見る目を鍛え、また徹底した法令順守が求められているのです。





Copyright (C) 興信所の調査で得るもの All Rights Reserved.